症状から読み取る病気【泌尿器科を受診して尿漏れの治療を受けよう】

早めの対処が肝心

PCを持つ医者

尿漏れを経験する女性は多く、体のつくりも原因として挙げられます。診察先は泌尿器科です。健康と治療に対する女性の意識と積極性は高まっています。今後は女性の治療が多くなると予測されます。尿漏れは種類と特徴で4つに分類されます。治療方法が複数あり、選択肢があるという点も特徴です。

More Detail

腹圧性の尿失禁

病院

腹圧性の尿漏れの治療には、骨盤底筋のはたらきを高める体操が有効です。治療を行う薬もありますが、あくまで体操を行って効果が出てくるまでの補助的なものに使われています。骨盤底筋に電気刺激を与えて治療を行っている医師もいます。

More Detail

尿が漏れる時の対策

手

尿の問題もいろいろ

尿が漏れるといった症状で困っている人はかなりいます。一口に尿漏れといってもその症状は様々ですから、その症状に合わせた治療というものが必要となるのです。まずは腹圧性尿失禁というものです。これは立ち上がった時などのお腹に力が入った時に尿漏れがおきるというものです。この症状には女性の約4割がかかっているともいわれていて、かなり多くの人が体験することになる症状です。その原因としては加齢や出産といったものを契機に症状が出ることがあります。この場合の治療としては尿道の周りにある筋肉を鍛えることで、この症状を軽減するといったことが出来るのです。この治療はかなりの効果を期待すること出来るので、まずはこれをします。症状から読み取る病気について知り、早急に見つけていきましょう。

尿失禁の対策

尿道周りの筋肉を鍛える治療をしても尿漏れなどの症状が直らない時には外科的な手術といったことが出来ます。これは医師の判断によるものなので、医師の指示に従って治療をするものです。また、切迫性の尿失禁というものもあるのです。これは急に尿がしたくなる、または尿を止められないしといった症状のものです。この場合は尿の動きをつかさどる脳の動きが悪くなっている、もしくは、その情報を伝達する神経に障害が起きているといったときにおきるものです。特に男性に多いのが、急に膀胱が勝手に収縮をすることで尿漏れなどがおきるといったことがあります。男性では前立腺が肥大することでおきる失禁といったものもあるので、この症状の原因となるのです。

原因と対策

聴診器とキーボード

年をとるにつれ、尿漏れは頻度が増してしまいます。また、病気によって起こることがあります。膀胱炎や前立腺肥大や脳神経系の病気によっても起こります。生活する上で問題なければ治療は必要ないのですが、支障があれば治療を受けたり体操で改善します。

More Detail