症状から読み取る病気【泌尿器科を受診して尿漏れの治療を受けよう】

腹圧性の尿失禁

病院

体操が有効

腹圧性の尿漏れの治療は、体操や薬物療法などの保存的な治療や手術で治療を行っていきます。尿漏れの程度が軽いときには保存的な治療を行い、その中心になっている治療方法が、骨盤底筋の体操になります。肛門の周りや、尿道や膣などの周りの筋肉を収縮させたり弛緩させたりして強化していきます。尿が漏れる程度にもよるのですが、正しい方法で行うと3か月程度で尿漏れがなくなってきます。尿漏れの基本的な治療法になっていますので、しっかりと行うことが重要になってきます。また予防ともなりますので尿漏れがない人でも、この体操をすることで尿漏れすることが回避できるようになります。筋肉の動きを確かめられる機械を膣内に入れて体操を行うと有効です。

電気刺激もあります

現在腹圧性の尿失禁に対して、健康保険の適応がなされているものにはクレンブテロール塩酸塩という薬が適用になっています。骨盤底の筋肉の一部になっていて尿道を取り巻いている尿道括約筋のはたらきを強める作用があります。この薬を使用して尿漏れが起きにくくなる人もいますが、根本的に治すわけではありません。一般的には骨盤底筋の体操を行い、その効果が出てくるまでの、補助的な治療法になっています。手術を希望しないで効果が感じられるという人たちは、長期的にこの薬を使用します。この薬のほかに昇圧薬や、抗鬱薬、女性ホルモン剤なども使用されることがあります。一部の医師の中には骨盤底筋に電気刺激を与えることで、治療を行っている人もいます。